フェイス

超初心者向け、カラコン選ぶ前に知っておきたい事

超初心者向け、カラコン選ぶ前に知っておきたい事

若い人のオシャレアイテムの一つになっているカラコン(カラーコンタクトレンズ)ですが、そのタイプはいろいろです。

・度なし、度あり

・レンズサイズ

・カラー

初心者は「何を選んだら良いのか?」迷う部分も多いですよね。

まずはカラコンの基礎から確認しておきましょう。

初心者さんが知りたいカラコンの基礎

カラコンは医療機器です。

ショップや通販で気軽に購入出来るカラコンですが、実はカラコンは「高度管理医療機器」に分類されています。

販売店の規制も厳しく、自治体の許可が必要となります。

目に長時間装着するものですから、人体リスクが高い機器という扱いです。

購入の際は、「安いから」よいう理由だけでなく、安心して使用出来る商品を選びましょう


カラコン用語

度数(D)

眼鏡と同様に、カラコンもピンと合わせの為の視力の矯正を行いますが、その矯正数値を表したものです。

度の入っていない(視力矯正していない)カラコンは「0(±0)」です。

度数の数値の前に「プラス(+)」が記載されていれば遠視。

「マイナス(-)」が記載されていれば近視。

度の強いレンズほど、この数値が大きくなります。

人の視力は、年齢や環境などにより変化していく事があります。

眼科医での視力測定は定期的に行いましょう。

 

ベースカーブ(BC)

眼球は丸くなっていて、個々の人によってこの丸み曲線は違います。

レンズの曲がり度合を表す数値のことをベースカーブといいます。

カーブの合わないレンズを使用すると、カラコンが外れやすくなったり、目の疲労にもつながりますの気を付けましょう。

 

直径(DIA)

レンズの大きさの事です。

丸くなった状態での直径です。

また、色がついた部分の大きさを示すのは「着色直径」で記載されています。

この直径が大きくなればなるほど、黒目が大きくみえますが、眼球への負担は大きくなりやすいです。

酸素の不足が起こりやすくなり、目が乾くと感じる可能性も高くなります。

レンズによって酸素透過性や含水率が違いますので、安全性を考慮してサイズを選びましょう。


使用期間

カラコンは使用期間によって数種類のタイプがあります。

ワンデーカラコン

使い捨てカラコンの事です。

種類が豊富で、洗浄の手間がかからなく衛生的です。

一方で、価格がマンスリータイプ等と比較すると、割高になる傾向です。

また、一度取り外すと、再使用は出来ません。

 

2ウィークカラコン

2週間使用できるレンズです。

洗浄をして再使用出来るので、ワンデーよりもお得になっています。

マンスリーよりも短い周期で交換する必要があるので、使用期間のチェックが大事です。

 

マンスリーカラコン

使用する回数を問わず、開封時から1か月間使用できるカラコンです。

種類は少なめですが、コストパフォーマンスは良いと言えます。

確実な洗浄が毎日必須となりますので、手間がかかります

洗浄が不完全だと使用期間も短くなりますし、衛生面の不安が出てきますので注意が必要です。


印象によるタイプ(種類)

選ぶレンズにより、印象がガラリと変わるので、「なりたい自分」をイメージしてから購入する事が大切です。

ナチュラル系

カラコンを装着している事がばれにくいレンズです。

瞳と自然になじむものが多く、学校や職場でも使いやすいカラコンです。

ハーフ系

瞳の色を薄くしたり、青みのある色にして、ハーフっぽい印象を与えるカラコンです。

優しい印象やクールな印象など、色合いで変化を楽しめるカラコンです。

盛り系

一瞬でイメージが変われるカラコンです。

華やかにしたり、クールにしたり、お人形っぽくしたりと、ガラリと印象を変えたい時に便利です。


以前は、カラコンは10代を中心とした人たちのアイテムでした。

最近は40代50代にもカラコン愛用者が広がっています。

それだけ種類が増えたという事です。

 

たくさんの種類があるカラコン。

自分の目に合った、お気に入りのデザインをみつけて、可愛く素敵に変身しましょう。

-フェイス
-, , ,