ヘアケア

つやつやヘアーの為に!正しいシャンプーしてますか?

正しいシャンプーしてますか?

毎日、当たり前の様に行っているシャンプーですが、なんとなく洗っていませんか?

正しくシャンプーする事で、髪の状態や、頭皮の状態が変わってきます。

毎日の事だけに、意識して洗いたいですね。

 

シャンプーって実は髪の毛ではなく、頭皮を洗う事なのです。

もちろんその過程で、髪の毛も洗うのですが、第一番は、頭皮の洗浄です。

 

頭皮は、日中過ごす中でとても汚れています。

皮脂や、スタイリング剤の付着などで、かなりの汚れがたまっています。

その一日分の汚れを落とす事は、とても大事です。

汚れが大量に付着している事を意識してシャンプーしましょう。

髪の正しい洗い方

1.乾いた髪をブラッシング

 髪の絡まりをほどいて、汚れも表面に浮き出た状況になります。

 この作業で、シャンプー中に髪の毛が絡まったり、引っ掛かかって抜けてしまうのを防ぎます。

 頭皮のマッサージ効果もあり、血行促進にもつながります。

 

2.シャンプー剤を付ける前に、十分にすすぎます。

少しぬるいと感じるくらいの温度の湯で、頭皮と髪の毛をしっかり洗います。

湯温が高いと、大事な役割をしてくれている、頭皮の必要な皮脂まで落としてしまいます。

もちろん、この時爪を立てて、ゴシゴシ洗うのはNGです。

実はこのすすぎで、汚れの7割以上は洗い流せています。

しっかりこの予洗いをする事で、シャンプー剤の量も減らす事が出来ます。

 

3.シャンプー剤で洗う

手のひらにシャンプー剤をのせて、しっかりと泡立てる事から始めます。

直接、髪の毛や頭皮にシャンプー剤をつけない様に注意しましょう。)

ネットを使用して泡立てても大丈夫です。

泡がしっかりたったら、まず頭皮を指の腹の部分で、マッサージする様に洗ってください。

ロングヘアーの人で、髪の毛をこすって洗う人がいますが、髪の痛みにつながりますのでやめましょう。

頭皮をしっかりシャンプー剤で洗う時に、髪の毛も洗われています。

髪の毛を洗う事に必死にならなくても大丈夫です。

 

4.すすぎ

ぬるめの湯で、シャンプー剤を洗い流します。

洗い残しがない様に、しっかり優しく洗い流して下さい。

この時もゴシゴシしないで、頭皮を傷つけない様に注意して、耳の裏や生え際なども、確実に流して下さい。

「綺麗にすすげたかな」と思っても、さらにもう少し時間をかけて、念入りにすすぐくらいがいいです。

 

5.トリートメント(コンディショナー)をつけます。

この時、トリートメント剤を頭皮につけない様にしましょう。

髪に水分が多すぎない様に、軽く髪の毛の水分をきってからつけます。

毛先側から根本に向かって広げていく様に全体に塗布します。

浸透に少し時間が必要ですので、説明書を読んで少し放置して、成分を浸透させます。

 

6.トリートメントを流します。

地肌部分からすすぎ流しましょう。

頭皮はしっかり洗い流します。

また髪の生え際なども、トリートメント剤が残りやすいので念入りに。

サッとしか流さない人もいますが、しっかりと洗い流して大丈夫です。

 

7.乾かす(髪の毛全体と頭皮)

最初にタオルで髪の毛をはさみこむようにして、おおまかな水分を取ります。

(この時にゴシゴシするのはNG。濡れた髪は傷みやすい状況なので優しく)

ドライヤーで地肌と髪の毛を乾かします。

地肌はなるべく早く、しっかりと乾かして下さい。

髪の毛は、乾きにくい根元に近い部分から乾かします。

時間がたつと、臭いの原因になりますので注意が必要です。


少し手間がかかるように感じますが、日課にしてしまえば平気です。

正しく行えば、翌日のブローも楽になりますよ。

-ヘアケア
-,